サラリーマン(元商社マン)→起業家のブログ

つい最近サラリーマン(商社)を辞めて、起業家となった25歳のリアルタイムの物語です。 「タツというペルソナを通して、サラリーマンを辞めた人は、起業(独立)したら、どう成長し、どういった道を歩むのか。リアルタイムで、見届けて欲しい」と思っております!

5日目サラリーマン(商社マン)から起業へ

どうも!「元商社マン✖️起業家」のタツです!

 

~サラリーマンで起業を考えている方々へ~

今日お伝えしたいことは

「最悪のケースを考えて起業しろ!」

ということです。

 

 

世の中には、勢いで何も考えず起業する人がいると思います!

行動するのはステキなことで、ベンチャーでは重要なことなのですが、
「何も考えず」行動するのは良くないと個人的に思います。

 

 

僕の場合、「最悪のケースが起きた時に得られるメリット」と、「このまま会社に居続けて得られるメリット」を天秤にかけ、自分にとって成長につながる方を選ぶという

合理的な考えのもと、会社を辞めました。

 

 

それでは、最悪なケースとは何でしょうか?

 

 

僕の場合は以下を最悪ケースと考えてました。

 

・会社倒産(キャッシュフローが回らず、自分の口座残高がゼロになる)
・最悪の場合、借金を背負う

 

 


この状態に陥った場合、得られるメリットはパッと思いつくだけでも、

・会社倒産し借金を背負った経験、ストーリー。

・倒産するまでの、会社経営知識、知見や人脈。

・借金を返さないといけないから、返すために死ぬ気で働くという経験、ストーリーなど。

 

 


他方、僕が(現在25歳の状況で)、

今後三年くらいでサラリーマンとして得られるメリットは

・海外経験(語学、異文化に触れるなど)

・調整能力

・ライティングスキル(稟議書の作成)など

 

そして、上記メリットを天秤にかけた時、

「最悪ケースを経験して得られるメリット」の方が将来の成長に繋がるだろうと判断し起業しました!

 

勿論大前提として、将来やりたいこと・成し遂げたいことを洗い出した上、それを達成させるために必要な成長は何か?という視点でメリットを比較することが重要です。

(私の成し遂げたいことは後日ちゃんと説明します)

 

伝わったでしょうか?

 

 

 

今は昔と違い、失敗が価値になる時代です。

そして、1回失敗した人は、2回目に成功する確率が高くなると思ってます。

 


安倍晋三総理がまさにそれを体現しているのかーと思います。

 


最悪なケースに陥っても、「成長につながる」。成功したらそれはそれで御の字。

こう考えると、起業ってめっちゃいいじゃん!!って思ったわけです。

 

 

なので、みなさんには何も考えず行動する前に一旦立ち止まり、1分でもいいので

自分の行動するのは意味などをこじつけでもいいので、考え、納得して行動してください。

 

このプロセスを踏めば、自分の行動に対して後悔はないですし、自信が持てます!!

気持ちよく起業に望むことができると思ってます!!

 

 

 


〜〜今日の一日〜〜


10:00-12:00
まで
知的財産基礎セミナー参加。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/station/newtopics/20180801.html

 

f:id:tatsumimamoru1124:20180822104344j:image

 

特に特許権著作権、商標権について、勉強してきました。

 

どう出願し、どういったメリットがあるか。出願は費用対効果み見合うかなど、様々な角度から勉強させていただきました。 

やはり、自分で新規ビジネスを創造するとなると、 知財関係は不可分な関係だと改めて実感しました。

 

 

12:00-14:00
ランチをしながら、
ベンチャーのオフィスを提供する会社と打ち合わせ。

Facebookで面談を打診されたのだが、
創業したばかりであるのにも関わらず、
凄い感度高いなと思う。

 

 

あとは契約書作成や事務作業に時間を費やしました!!!

地味な仕事も沢山ありますが引き続き頑張ります!!!

 

 

 

ではではまた明日。